上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだまだ先日のF-1の熱が冷めない私は
今日、ふと頭にあるアニメが浮かんできた。それは・・・
『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』である。
これをご存知の方は意外に少ないようだが、以前テレビ専門に作られた
アニメ(漫画本はなく、原作はテレビ用として作られた)で、放送終了後は
5作品ほどOVAが作られていた。
このアニメは水素エンジンや常温超伝導モーターなどの無公害エンジンとナビゲーション用人工知能を搭載した車による、F1とは別カテゴリーの自動車レースの中で、主人公『ハヤト』の成長を描かれた内容だった。
これがレース好きの私にはたまらなく面白いアニメだった。
主人公さながら他のキャラクターも中々個性的で
メカニックデザインも実車さながらの出来栄えで好感を持てた。

このサイバーフォーミュラのキャラクターと
今期のF-1ドライバーが何となく被る気がしたので
勝手にこんな当てはめをしてみた。

●風見ハヤト⇒L・ハミルトン(文句なく勝負強く、最年少チャンピオンになる可能性が一番高いため)
●ランドル⇒F・アロンソ(前年まではむしろ完璧なハヤト的存在だったが、今期はハミルトンの一番のライバルということで)
●新条直輝⇒F・マッサ(熱血漢!ピットクルーに対して厳しそう!でも実は優しく、人間味溢れそうな人柄)
●ナイト・シューマッハ⇒K・ライコネン(レースに対して、そして何よりも自分に対して厳しそうなところ)
●ブリード加賀⇒N・ハイドフェルド(実力十分、チャンピオンに全然なれる人。レースとは何かということを一番分かってそう。この人がいないと、ただの四天王争いで面白くない!)

以上勝手に当てはめてみました。

私は実際のF-1ではライコネンとハイドフェルドを(ブリード加賀が好きなせいか・・・)応援している。
ライコネンは先日のレースでは感動させられたし、ハイドフェルドは
ハンガリー、トルコGPではアロンソを押さえ込んで走る展開を見せて楽しませてくれた。
今は四天王争いか、銀VS赤のFー1とか言われているが、少し見方を変えれば、また違った面白みがあるのだ。

アニメとは違い、現実の実際のレースはもっと熱い戦いと、面白いドラマがあるはずなので、そこに期待して残りのレースも楽しみである。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsxhbk007.blog118.fc2.com/tb.php/8-dc4c7872
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。