上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日の診察でおそらく病院は通いは終了でしょうってことで、ここ二週間の間に見た、映画を振り返ってみようと思います。

☆レンタルした映画
・『007 カジノ・ロワイヤル』・『レイヤー・ケーキ』・『ターミネーター2』・『BATMAN BEGINS』

☆テレビ放送で見た映画
・『ミリオンダラー・ベイビー(字幕)』・『バイオハザード(吹き替え)』・『ポリス・ストーリー3(字幕)』・『ヴェニスの商人(字幕)』・『ALWAYS 三丁目の夕日』・『メリーポピンズ(吹き替え)』・『バイオハザードⅡ アポカリプス(吹き替え)』

ぐらいかなぁ・・・後は思い出せないです。
レンタルした映画は一週間に最低二回は見ます。気に入ったらオリジナル音声と吹き替え音声を絡めてかなり見比べます。これは、もちろんDVDだからこそ出来る楽しみ方なのだが、映画好きな方ならお気付きでしょうが、字幕で伝える内容には限界があります。人間が読める情報量と場面展開の兼ね合いから、台詞がフルで字幕表示されることはほとんどありません。そこで、私のヒアリング能力では追いつかない台詞を、吹き替え音声で理解して補います。なので、字幕→字幕→吹き替え→字幕→吹き替え→字幕、の順で一つの作品を見ることなんてざらなのです。

映画の内容を深く理解したいからこんな映画の見方をしているのですが、常に画面を見ているわけではありません。基本は爆音に、プロジェクター100インチのスクリーンで見てますが、三回目を越すと、パソコンや、プラモ、他の作業をしながら、テレビかパソコンの画面で見ます。この時、特に吹き替えの時は音声を聞くのがメインで、映像は気になるシーンだけ見ます。やりたいことが山ほどある私は、ほぼ部屋にいる時は何かしながらも、映画は垂れ流し状態で見てます。

映画を見る人達の字幕と音声の関係は、字幕しか絶対見ない、吹き替えじゃないと分からない、等が一般的ですが、私が両方見るのは台詞や内容を理解したいのと、吹き替えで声優さんが良い演技をしていたりするので、どちらも外せません。
DVDだからこそ出来る、音声と字幕の様々な組み合わせの楽しみ方です。大学の英語の教授から薦められて始めた映画の見方ですが、死ぬ前に、最終的には字幕無しのオリジナル音声のみで映画を見たいですね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsxhbk007.blog118.fc2.com/tb.php/42-a179cc58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。