上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約10年の時を越えて、遂に完成!!
私が高校の時に買ったMGのジョニー・ライデン機(以下R-2型)・・・パテを使ってカスタムしまくってはいたが、放置していました。そして『MG MS-06J ザク Ver.2.0』(以下J型)の発売で、これを活かして完成させることを決意した私は、現在都合よく自宅療養中の為、いざ制作開始!

・脚部の改修
(1)脚部は骨組み(内部フレーム)をJ型のものを使用する。
P1000011.jpg

(2)R-2型の脚部外装パーツを使用。黒マジックで印をつけた箇所をカットし、削りこむ。
1987kj

(3)足の甲は黒ペン部分を削り、以下の写真の状態にする。
215.jpg
P1000006_20071029042204.jpg
P1000005_20071029042222.jpg

(4)足の甲、R-2型の外装を使用。内部を削り込む。
12323.jpg

(5)J型の内部パーツをR-2型の外装に埋め込む。瞬間接着剤で固定。
hghg45

(6)足首もR-2型を使用。黒マジック部をカットする。
1546.jpg

P1000002_20071029042317.jpg

・胸部の改修
(1)胸部の内部はそのままJ型を使用、両脇の外装はR-2型を使用する。
548kj

(2)外装パーツの内部と下部を写真もように削り、フロントはパテでバストアップする。
hggh54

・バックパックの改修
(1)バックパックはR-2型のものを使用する。
(2)J型内部フレームにR-2型を上手く固定させるために、J型のランドセル固定用のパーツを上下逆さまにし、R-2型のバックパック内部を合わせて削りはめ込む。すると見事胸部外装パーツともバランスよくはまる。
214.jpg

・仮組み
(1)バックパックのバーニヤは市販の物に交換
(2)脚部のバーニヤはR-1型(シン・マツナガ機)の物に交換。
(3)写真のように、頭部、緑色のパーツはJ-型をそのまま使用。
(4)左肩のスパイクアーマは基本部をJ型で、角だけR-2型を使用する。
(5)ヒケの部分をあらかじめ黒マジックで印をつけ、表面処理でペーパー掛けを行う。それでも目立つ箇所は溶きパテを塗って、再度ペーパーを掛ける。
216.jpg
231.jpg

・塗装
(1)サフを吹く。傷が浮いてきたら再度、表面処理を行う。
(2)サフの上に下地塗装を行う。全体の下地に、ハルレッドを使用する。
(3)赤色部分:レッド80%、インディブルー5%、ホワイト5%、蛍光ピンク5%、モンザレッド5% 
黒色部分:ブラック80%、ミッドナイトブルー20%
武器類:ブラック80%、ミッドナイトブルー10%、ニュートラルグレー10%
パイプ:ブラックを吹いた後に、シルバーを軽く吹く。
(4)デカールはJ型のものと、過去のMSVの1/100と1/144のデカールをメインを使用。過去のイラスト等のイメージを大事にしつつ、控えめに貼り付ける。
P1000018.jpg
P1000012.jpg

・このままでもいいのですが、やはりMSV(モビルスーツバリエーション)出身の機体なので、
軽くハゲチョロ等のウェザリングで汚し塗装をして完成。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsxhbk007.blog118.fc2.com/tb.php/37-e6adbbd0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。