上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.25 小さな出会い
今日の午前中は病院に行きました。
診察前の待ち時間は少し居眠りをしてたので、診察後、会計前の待ち時間は
眠らず、ただ音楽でも聴いてじっと座ってました。

左足をがっちりまっすぐに固定しているので、座っても足を伸ばした状態になるので
他の患者さんには大変迷惑をかけてしまいます。
ですが普段の癖で、ふんぞり返って、ポケットに手を突っ込んで、さも偉そうに
座っておりました。
すると首にギブスをハメた女性が旦那さんと女の子と一緒に私の斜め前に
向い合わせの形で座ってきました。
女の子はおそらく2歳か3歳くらいだと思いますが、早速、他の患者さんの注目を集めるほど
可愛らしい女の子でした。ですが、私だけ何やら胸騒ぎというか、嫌の予感がし始めたのです・・・
ふんぞり返って座っている私に、目を止めた女の子は、私に対してなんと小さく手を振ってきました。その子の両親と回りの患者さん達が見てないのを確認した私は、手を振り替えしました。気を良くした女の子は、また手を振ってきたので、私は周囲を確認して手を振り替えしました。
そこで両親が気づき私にすみません的な会釈をしてきたので、私も軽く頭をさげました。おそらく両親の方は、なんでこんな変な兄ちゃんにカラムの!て思ったでしょう・・・が、しかし!
今度は私に『にらめっこ』を挑んできたのです!これには私も両親達が見守る中で、静かな攻防を繰り広げることになりました。
だんだん赤面してきた私は、2歳児に見事完敗・・・思わず笑ってしまったところで、会計から名前を呼ばれタイムアップ!ご両親に頭を下げ、女の子に手を振り後を去りました。
実はこの戦い二回目なのである!一昨日も見事に負けたのでした・・・
偉そうにふんぞり返って座る私に物怖じせずに、『あんた偉そうにしてるけど、実は見掛け倒しって分かってるのよ』と見透かされているみたいで苦手です・・・

診察日が同じようなので、また再戦の日が来ると思うと、恐怖の戦慄に包まれる私でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsxhbk007.blog118.fc2.com/tb.php/34-081063b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。