上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レンタルで『スターリングラード』を見ました。

●『スターリングラード』
2001年製作のアメリカ、イギリス、アイルランド合作の映画。ジャン=ジャック・アノー監督。上映時間 132分。
・ジャンル:戦争映画

第二次世界大戦時にソビエト連邦の狙撃兵として活躍し、英雄となった実在の人物ヴァシリ・ザイツェフ(ジュード・ロウ)が主人公。
防衛線スターリングラードでの激戦(スターリングラード攻防戦)の中で狙撃手同士の戦いを中心に物語は展開していく。
 
狙撃の腕で、ソ連軍の士気を高めるために、新聞記事で英雄へと祀り上げられるヴァシリ。戦場で友情、愛、嫉妬、恐怖を知る。
対するヒトラー率いるナチス統制化のドイツ第三帝国からは、ケーニッヒ少佐(エド・ハリス)が現れ、士気の下がったドイツ軍の現状打破のため、ヴァシリを消すのを任務としていた。
この二人の対決を中心にストーリーは進み、その中で、友人、恋人、住民が絡む事で、二人の対決にも大きく影響を及ぼしていく。
果たして二人の対決の行方は?ヴァシリは生き残れるのか!?

☆ていうのが、大まかな内容です。瓦礫と死体の山と化した都市で両軍、目と鼻の先で攻防戦を繰り広げる映像は中々リアルでした。
ソ連の共産主義、その思想は人民平等と謳っているが、軍服、装備、食事にタバコもチープに描かれているのに対して、ナチスドイツは独裁主義な描き方は控えめだが、軍服、装備、戦闘機、戦車、タバコ等は超一級品。
戦局は歴史が示す通り、ソ連軍の強固な抵抗により疲弊したドイツ軍が敗退します。

主人公役のジュード・ロウは『アルフィー』を見て以来、映画で見るのは二回目。この人はやっぱ二枚目ですね。目がエロイです。
イギリス人の彼が何故かソ連人として違和感を感じないのは、彼の腕という事でしょうか?さり気無く良い演技を披露してくれます。
(※今年のF-1モナコGPに観戦に来てるのがテレビに映ってました!グラサンに黒のスーツが決まってました。スターオーラが出てました。)
敵役のエド・ハリスはアメリカ人ですが、ドイツ系なんですかね?将校の軍服がはまり過ぎでした!文句なしのエリートナチス将校でしたね。ナチスにしては温厚で冷静沈着なキャラかと思いきや、終盤には優しくも冷酷な面を見せます。獲物を狙う姿がカッコいいです。

余談ですが、出てくる戦車、戦闘機、銃は、やっぱりドイツ軍はカッコいいですね。メッサーシュミット、タイガー、ワルサーが有名ですが、実は戦闘機のエンジンにもベンツやBMW等もあって、結構マニア心をくすぐられます☆ドイツ系はまず名前が渋い!でも独裁政権はごめんですけどね・・・
スナイパー(狙撃手)が出てくる映画は他に、『プライベート ライアン』、『フルメタルジャケット』があります。お勧めはもちろん『フルメタルジャケット』!キューブリック監督作品でストーリーはもちろん、描写が凄いです!
戦争映画が苦手な人でも、見易い作品だと思います。人間ドラマが熱い、お薦め作品です。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gsxhbk007.blog118.fc2.com/tb.php/25-82cb0f7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。